記事一覧

仕事帰りのガサガサ/水が増えて魚がどこかへ・・・

こんばんわ
 
仕事の帰り道、ちょっと道を変えて、いつもの田んぼの水路で
カサガサして来ました。
木、金と2日間ガサガサしたのですが、先日の雨と田植えの準備で
水路の水量が増え、魚があっちこっちに移動しているようです。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先週は手前の深いところくらいにしか水が無かったのが
もう、水路一帯が15cm程の水深になってます。
 
それでも、適当にガサガサしたところ
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フナ1匹、メダカとタナゴがそれぞれ5匹くらい捕れました。
 
そして今日は、写真を撮り忘れてしまって


 
ドジョウが10匹とメダカが10匹くらい捕れました。
 
メダカは嫁入り先が決まっているので、しばらくはウチで
エサをたっぷり与えて、太らせてから送り出そうと考えてます。
 
そろそろ農業用水へ川の水を流入させるので、新しいガサガサポイントを
見つけようと考えています。
 
ちなみに、おたまじゃくしはザリガニとヤゴのエサにしようと
持って帰ったのですが、カエルにしてみたいとも思ってます。
 
明日は久しぶりのツーリングになりそう!
楽しみ、楽しみ


 
でわでわ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

おぉ❗

ガッツリ捕りましたね😁

ザリガニやヤゴも飼育されているのですね。

これからは、採集中の魚のキープに気をつけたいですね❗

私は以前、夏に採集していた時に、うっかり直射日光のもとにバケツを置きっぱなしで、採集をしていて、戻って来たら、バケツの中の魚がすべてひっくり返っていたことがあります。

・・初めてのヤリタナゴ捕りの苦い思い出です(^_^;)

その時は、同行した方の厚意で、帰りにその方が採集した魚をお裾分けしていただき、坊主?で帰らずに済みましたが😀

No title

> きんぶなさん
おはようございます
確かにおっしゃるっとおりですね
僕の場合は、ガサガサに夢中になって長時間
車の中にバケツを入れておいたら、ほぼ全滅になって
いたことが多々ありました
それからは、夏場は朝一にガサガサするように
なったんです。
それとお恥ずかしい話ですが、すでにザリガニ6匹の内、5匹が昇天してしまいました
知合いにあげようとバケツに入れ、玄関の中に
一晩置いただけなのに・・・

No title

> 今ちんさん

苦い経験をしているのは、自分だけではなかったみたいですね。

暑い時期のキープに関しては、バケツだと高水温と酸欠の危険があって長時間持たないので、一番安全なのは、プラケースにフタをしたもの(または、釣りのビクのようなもの)に採集した魚を入れて採集場所の流れのある場所に横にして沈めておくと、常に新しい水が入れ替わるので、安心だと思います。

また、持ち帰る時は、クーラーボックスを使うと、クーラーボックスの断熱効果により、水温の上昇がバケツよりは緩やかになるので、安全に持ち帰ることができるかもしれませんね😁

ザリガニの昇天の話は、状況がわからないので、推測の話になってしまいますが、たぶん、酸欠なのかな?と思います。

ザリガニは甲羅から空中の酸素を取り込めるので、ブクブクなしなら、体を横にした時に甲羅を水面から出せるくらいの水深(ザリガニの背中が隠れるくらい)にしておけば、酸欠で昇天しまうことは、とりあえずないと思います😀

No title

> きんぶなさん
なるほど、勉強になります。
ザリガニと魚は別々の入れ物に入れて持ち帰ったり
酸欠にならないように工夫したいと思います。
アドバイスありがとございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今ちん

Author:今ちん
ニックネームは今ちん!リターンライダーです。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -