記事一覧

リリースと捕獲の繰り返し・・・結局、増えてます?

こんばんわ


 
我が家の日本淡水魚も底物一色になりそうです。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先月、エビ捕りに行ってカマツカやヨシノボリが捕れましたが
 
4月初めに、カマツカと小鮒、オイカワ、カワムツはすべて放流しました。
 
最近では、イシガメや底物のエサ捕りでエビを狙って、たまたま
 
フナ、タナゴ、モロコから、メダカ、カジカ、ウキゴリ、ムマチチブ、カマツカを
 
捕ってしまうようになりました。
 
そのたびに、フナ、モロコ、カマツカ、ヨシノボリはリリースしてます。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨシノボリやカジカの仲間は地域変種や種類が多いので
 
一旦、家に持ち帰り、よく観察してから珍しいものだけを残し、
 
残りはすぐにリリースしてます。
 
これも、先月にエビ捕りに行った際捕まえたイシガメです。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ところが、このイシガメは右前足がありません。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
持ち帰るかどうか考えましたが、家に来れば狭いもののエサには不自由せず
 
他の動物に襲われることもありませんので、持ち帰ってきました。
 
これで、我が家のイシガメは4匹となりました。
 
最近、エビ捕りに行って、ガサガサで捕獲したのは
 
カジカ、ヌマチチブ、ウキゴリです。
 
まずはウキゴリから
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ、6~8cmサイズですが、お腹が黄色で、背びれ、尾びれに赤い模様と
 
身体全体に斑模様があって、小さいスネークヘッドみたいで可愛いです。
 
意外と中層を泳いでいることが多々あります。
 
成魚の方は
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
成魚は全長12cmくらいで、丸々と太っています。
 
顔つきはグロく、性格は結構狂暴で、小魚やエビを食べちゃいます。
 
カジカにも威嚇してますね。(カジカはあんまり相手してませんが)
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、幼魚は吸盤でガラスにくっ付いていることも多いですね。
 
続いては、ヌマチチブです。
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寸足らずで太っているのが可愛いです。
 
意外と懐いてくるようになったのですが、同種とヨシノボリ、ウキゴリとの
 
相性は最悪です。自分より小さい相手には常に追い掛け回しています。
 
ヨシノボリもウキゴリもヌマチチブも相手の尾びれをカジる悪い癖があるので
 
弱い相手の尾びれはボロボロになっちゃいます。
 
ところが、カジカには威嚇するものの、噛みついたりはしません。
 
逆にカジカの成魚は同種に対して威嚇してます。
 
水槽で飼育して観察しなければ分からないことでした。
 
単なる飼育だけでなく、繫殖や観察することでいろんな勉強になりますね。
 
最後にカジカくんです。一番のお気に入りです。
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
60cm水槽にいる成魚・・・
 
色が黒っぽいのです・・・
 
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カジカは同じ場所で捕獲したものでも色や模様が違います。
 
そのおかげで、個々を特定することが出来ます。
 
ただ、成魚になると色や模様の差がなくなり、全体的に黒ずんできます。
 
婚姻色なのかな~
 
逆に若魚の方が模様や色が綺麗で個々を特定しやすいです。
 
イメージ 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
成魚の方が、顔がグロいですね。
 
イメージ 33
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スキマから顔だけ出しているのも可愛いです。
 
特に魚じゃないような仕草がこれです。
 
イメージ 34
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左側の塩ビパイプから顔を出しているカジカくんが
 
イメージ 35
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
首を動かして、下の方を見るんです。
 
こんなふうに首が動く魚はいまのところカジカぐらいです。
 
目もキョロキョロ動くし、表情があって、可愛くでたまんないです。
 
他の住人は
 
イメージ 36
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴクラクハゼ・・・ヨシノボリの仲間なんだそうですが、我が家には1匹だけ。
 
イメージ 37
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シマドジョウとスジシマドジョウです。
 
写真はありませんが、ウナギが1匹とアカザが3匹居ます。
 
カジカは、60cm水槽に6匹、60cmスリム水槽に8匹
 
ヌマチチブは60cmスリム水槽に1匹、30cmキューブ水槽に3匹
 
ウキゴリは60cm水槽に1匹、30cmキューブ水槽に2匹、屋外のプラ舟に6匹です。
 
ほぼ、欲しい魚は捕獲しましたが、後はドンコ、カワアナゴ、アユカケを
 
捕りたいですね。
 
それと今、室内の日本淡水魚を屋外へ移す準備を始めました。
 
底物は特に暑さに弱いということなので、夏場は日陰になるところに水槽を
 
設置しようとしています。
 
今は試験的にマドジョウ、ヨシノボリ、ウキゴリを家の北側に置いたプラ舟に
 
川石、サンゴ砂、川砂、シジミと一緒に入れて、温度計で水温をチェックし
 
カジカなどを移せるのかどうかの試行を開始しました。
 
また、90cmガラス水槽を屋外に設置するためのアルミ製の縁台を
 
ホームセンターで購入しました。
 
ついに90cm水槽を買っちゃいそうです


 
そして、このままだと、いずれ再びダトニオを飼いそうな予感がします。
 
でわでわ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

まだまだ水槽が必要ですねー

No title

淡水魚も照明当てると綺麗ですよね!
小学生の頃思い出します!生き物係でした😄

No title

> mori- sさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。

そうなんです。水槽が足りません
90㎝水槽を物色中です。

No title

> こども店長さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。

そうなんです。日本淡水魚も綺麗なんですよね
改めて日本の魚の良さを知りました。

No title

奥が深いですね!

捕獲の楽しみ

飼育の楽しみ

ざんまいですね{{s17}

No title

> てっちゃんさん
コメントありがとうございます。
返信遅れて申し訳ありません。

今まで近くの小川に、こんなにいろんな種類の魚が
居るなんて思いませんでした。
同じ種類でも地域変異や特徴があって面白いです。

日本淡水魚万歳です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今ちん

Author:今ちん
ニックネームは今ちん!リターンライダーです。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -