記事一覧

最近のお魚事情・・・

こんばんわ


 
最近はエサの為のエビ捕りが中心ですが、魚が捕れるとついつい夢中になって
 
捕ってはリリースの繰り返しです。
 
ここ最近の状況は
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イシガメは一番大きなメスと先日、小川で捕ってきた子を同じ小川へ
 
リリースしてきました。
 
我が家では産卵できる環境が整っていないので、まずは小川で産卵してもらう
 
ことを願ってリリースしました。
 
特に一番大きなメスは花壇に設置した運動場(プラ舟)から逃げ出そうと
 
してばかりで、土に関心が全く無いようでした。
 
エサ用の川エビとタナゴ(タイリクバラタナゴとヤリタナゴ)、ヌマチチブは
 
家の裏手の日陰にプラ舟水槽や発泡スチロールを設置し、引っ越ししました。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川エビが100匹程入っている発泡スチロール
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タナゴたちが入っているプラ舟水槽
 
水質浄化と産卵出来たらとシジミと二枚貝を入れてあります。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一回り大きいプラ舟水槽にはヌマチチブが10匹程入ってます。
 
ウキゴリ、ヨシノボリ、ゴクラクハゼは全部小川にリリースしたので・・・
 
ウキゴリとヌマチチブは高温と水質汚れに強いようです。
 
逆にアカザ、カジカは高温と水質悪化には非常に弱いようです。
 
ガサガサでの収獲は
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カメのエサ用にモクズガニの子供。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウキゴリとカジカ、ヌマチチブ、手長エビ
 
手長エビはイシガメのエサ、ウキゴリとヌマチチブは小川へリリース
 
カジカは室内水槽へ
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手長エビ・・・イシガメのエサに
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウキゴリの稚魚・・・小川へリリース
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウキゴリの成魚・・・小川へリリース
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヌマチチブ・・・屋外水槽へ
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミミズハゼ・・・可愛いので室内水槽へ
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川エビ・・・発泡水槽とイシガメ、カジカ、ヌマチチブのエサに
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メダカ・・・とりあえず、水瓶に(外来魚に居ないところへリリースする予定)
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
海のカニとボラの稚魚・・・イシガメのエサに
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手長エビ・・・イシガメのエサに
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウナギと手長えび・・・ウナギは室内水槽、手長エビはイシガメのエサに
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カジカ成魚・・・室内水槽と小川へリリース
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴクラクハゼ・・・小川へリリース
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とある豊川水系の支流で
 
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天然の鮎の稚魚が・・・堰の下にいっぱいいました。
 
たぶん、上流へなかなか登れないので溜まってるようです。
 
他の場所では
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カジカの稚魚が約50匹くらい
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヌマチチブ・・・とりあえず屋外水槽へ・・・いずれリリース。
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カジカ成魚・・・室内水槽へ・・・後日リリース予定。
 
下の写真の魚は土曜日の夕方に小川へリリース
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・ウキゴリ(稚魚と成魚)、ヨシノボリ、ヨシノボリの仲間
 
・カジカの稚魚
 
・アユの稚魚
 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもの小川へリリースしました。
 
時々、ブロックに引っ掛かった草や木の枝、ゴミを撤去してます。
 
イメージ 28
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな風にキレイにしています。
 
出来るだけ水が流れるようにして、清流の魚を増やしたいと思ってます。
 
ブラックバスやブルーギルの住みにくく、繫殖しにくい環境へと
 
この川の下流で、鮎をみたことがあるので、海から遡上していると思われます。
 
手長エビやシジミは豊川下流で採取してます。
 
イメージ 29
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たぶん食用のシジミとは違う種類と思われます。
 
ところで先日、嫌なことがありました。
 
川に入って手長エビやシジミなどを捕っていると
 
イメージ 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どこかの親子連れが子猫を棄てていました。
 
しかも、シラスウナギを密漁している輩と談笑していたんです。
 
僕が川に入るときには確か段ボールはありませんでした。
 
川から上がった時に、ネコの鳴き声がして、見ると子猫が数匹・・・
 
保健所に電話するのか?それとも保健所に持って行くべきなのか?
 
悩んでましたが、ひょっとして密猟者が引き取ってくれるかもと期待してました。
 
だって、車のすぐ後ろにあるんだから、気が付かないはずはない。
 
イメージ 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうしても気になったので、翌日の朝に見に行くと
 
イメージ 32
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
周囲も探しましたが、子猫は居ませんでした。
 
誰か引き取ってくれたのだろうと・・・そう思うことにしました。
 
棄てるんなら、最初から飼わないか、去勢しろってんだ!
 
話しは変わりますが、以前、TVやネットでタイリクバラタナゴについての
 
記事を見ました。
 
タイリクバラタナゴが繁殖している影響で、ニホンバラタナゴが
 
絶滅に瀕しているとか? 交雑種も増えて、純粋なニホンバラタナゴが
 
いなくなると警鐘を訴えてました。
 
その記事を読んでから、タイリクバラタナゴはカメやスッポン、ナマズのエサに
 
しようか迷っています。
 
とっても綺麗な魚なので、可愛そうな気もするんですが、
 
ガサガサでブラックバスやブルーギルが捕れた時は、
 
道端に捨てて鳥の餌にしたり、小さければカメのエサにしたことがあります。
 
タイリクバラタナゴをエサにするのは気が退けるなぁ~
 
でわでわ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは(^^)/

ずいぶんと沢山の魚色々と
(○_○)!!

採取や放流、川掃除と大忙し見たいですが、体を動かしなが好きな事をするのは
良いですよね(^^)d

子猫や仔犬の投棄は本当に止めて欲しい
飼えないなら避妊が大前提、
特に猫は散歩で♂との………f(^^;

まったくね~

No title

> hsさん
コメントありがとうございます。

採取や放流、川掃除は実際に楽しいですね。

採取する場所と放流する場所は離れているのですが、
事前に放流する小川の魚種をガサガサで調べて
同じ魚を放流することにしています。

今、TVで人気の水抜きで、国内外来魚のことも問題視
されているので、小川に居ない魚を放流しないように
心がけています。

子猫や子犬は可哀そうですが、否認できないのなら
捨てないで保健所に持って行って欲しいです。
新しい飼い主が見つかるチャンスもあるし・・・

今日も豊川支流の堰に行きましたが、
鮎の稚魚が100匹程、カジカの稚魚が150匹程、
ウキゴリ、ヨシノボリなどの底ものが50匹程捕れ、
全部、採取した堰の上流と別の小川ヘリリースして
来ました。

No title

お久しぶりです

いつもブログ楽しみにしてます

色々と気遣いできる人に

なりたいですね

私もまだまだ修行中です

小さな命を大切にする

守りたいですね

No title

> てっちゃんさん
お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

魚捕りしてる自分は、生き物を粗末にしているのでは
と思い悩むことが有ります。
川で捕ってきた魚は、水槽で飼ってしばらく観察した後にリリースするようにしていますが、まだまだですね。

今まで、結構、死なせてしまった魚もありました。

これからは、写真だけ撮って持ち帰らないようにと
考えてます。

捨猫や捨犬には心が痛みますね。
でも、助けてあげられない自分も居て複雑な心境です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今ちん

Author:今ちん
ニックネームは今ちん!リターンライダーです。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -