記事一覧

そろそろ室内水槽も限界に・・・

こんばんわ


 
先週から今週に掛けて、室内水槽の水温が25℃を越え始め、
 
日本淡水魚の室内飼育も厳しくなってきたので
 
大幅に縮小しました。
 
まずは60cmスリム水槽
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤリタナゴ、タイリクバラタナゴ、ゴールデンバルブ、シマドジョウ、カジカを
 
移動しました。
 
お気に入りのカジカは
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
豊川水系の渓流へ放流しました。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤリタナゴ、タイリクバラタナゴ、ゴールデンバルブ、シマドジョウは
 
屋外のプラ舟水槽へ引っ越ししました。
 
何も居なくなった60cmスリム水槽には
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
60cm水槽から避難した3匹
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大きいウキゴリくん
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
見にくいですが、ヌマチチブとウナギ(小)です。
 
たったの3匹ですが、60cm水槽のナマズの餌食にならないための緊急措置。
 
ナマズの食欲をあなどっていました。
 
お掃除用に入れたドジョウが2日で居なくなり、タイリクバラタナゴも
 
日に日に数が少なくなって行き、試しで入れた稚鮎は、
 
2日くらいで居なくなるという怪現象が続き
 
犯人はナマズくんであることに気が付きました。
 
ただ、ナマズくんにも言い分はあって、アカムシはすぐに他の魚に
 
食べられちゃうので、自分はアカムシを食べられないのです。
 
そして今は、捕ってきた稚鮎の中で元気に生きているものを水槽に投入
 
申し訳ないけどナマズくんのエサになってもらっています。
 
こんな感じです。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今はアユの稚魚が15匹くらい居ますが、5日後にはたぶん0匹ですね。
 
ちなみに60cm水槽にはナマズとウナギ(大)とアカザ3匹のみ・・・
 
アカザは毒トゲがあるためか、ナマズの餌食になりません。
 
以前入っていた、ウキゴリの7~9cmのものは何匹か餌食になりました。
 
いつも襲う時間帯は夜、ルームライトを消してからが活発になります。
 
もう、ビチャビチャと音がします。
 
いずれ、手に負えなくなってリリースすることになると思いますが、
 
屋外でもいいから、何とか飼育を続けてみたいと思ってます。
 
でわでわ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今ちん

Author:今ちん
ニックネームは今ちん!リターンライダーです。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -